リバーサイドダイニング 【さくらん】海鮮問屋の経験と強みを生かした贅沢な素材をふんだんに使い、日本各地の旬素材を生かした料理の数々をを心おきなくお楽しみ下さい。

リバーサイドダイニング 【さくらん】海鮮問屋の経験と強みを生かした贅沢な素材をふんだんに使い、日本各地の旬素材を生かした料理の数々をを心おきなくお楽しみ下さい。
風光明媚、明鏡止水、悠悠閑閑 店の前面に、ゆったりと流れる川を。それに映る、空、雲、三日月、満月、北斗七星、流れ星。風と光が作り出す自然の造形を飽くことなく眺め自らの心を映してみると、日頃の疲れが嘘のように消えていく。そして、ゆるやかに悠悠閑閑として流れる時間は、つい急ぎすぎる私たちをいさめてくれるかのようです。
リバーサイドダイニング 【さくらん】さくらん縁起
「男はいちど、伊勢と吉原。」
元和3年(1617年)、葭の茂るところを埋め立てて“葭原”としたのがはじまりで、
その後、寛永3年に“縁起のいい文字”「吉」をあてて“吉原”となりました。
花魁が闊歩する、絢爛豪華な吉原文化をモチーフとした当店は、昔づくりの懐かしさを求めるだけでなく、
“女性がかぎりなく美しく映る”ための造りをコンセプトとしています。
吉原の灯明を見ると男衆は、衣紋(襟)を直して登楼したといわれます。
ここでは日常を忘れて、御相手が美しく映る“さくらん”で、新しい発見があるかもしれません。